プロフィール

トラハチ

Author:トラハチ
性別:男の子
今をときめく24さい

*当ブログについて*

最新記事
めもりーず
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
注目
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
「食」からみる歴史おしえて
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 14:43:07.78 ID:DJwI5kq40 [1/20]
「ナポレオンは海外遠征のために缶詰を開発させた」

みたいなやつをよろ!



161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 17:39:19.37 ID:ddXahVfS0 [15/19]
>>1
戦前のドイツで行われた日独友好パーティーの席で
並べられた日本料理にヒトラーは全く手をつけなかったという歴史がある。


4 名前:うぃうぃ ◆wiwi/epkjU [] 投稿日:2010/12/14(火) 14:55:33.24 ID:84c4zeiU0 ?2BP(56)
じゃがいもの疫病によるアイルランドから新大陸への移民


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 14:58:52.42 ID:DJwI5kq40 [2/20]
>>4
ジャガイモ飢饉

こういうの待ってた!!
面白い(´∀`人)さんきゅー







5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 14:57:41.63 ID:y2ezcqFDO
豚さんは食べられる為にできた生物だぉ
んで造った人の中に俺のおじいちゃんもいた



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:34:32.50 ID:EYUzSvC40
>>5
中世の欧州じゃ最もポピュラーな食肉は豚、もっとも、ほとんど猪に近いがな
牛は肉体労働用だったので老衰で死んだり筋肉がついていたりで一般に不味いとされた
まあこの辺も一部の領主なんかが食用に肥育させた牛肉を食ってたりしてたらしいが



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 14:59:51.60 ID:j+paovOK0 [1/32]
ww2ドイツの軍用代用コーヒーは後に
ノンカフェインタンポポコーヒーと称し
健康食品として日本で発売された。


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:03:46.69 ID:DJwI5kq40 [3/20]
>>9
軍隊の食事

材料は大豆、ユリの球根、タンポポの根

ふむふむ(´∀`人)



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:00:09.45 ID:JjJ0ORHu0 [1/4]
秀吉が朝鮮征伐にたからキムチが辛くなった。

もともとキムチは辛くないものだったらしい。
秀吉軍の兵隊が防寒用として足袋に入れていた唐辛子を朝鮮人が食用にした。



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:06:06.46 ID:DJwI5kq40 [4/20]

戦国大名はホモが多かったのだが、豊臣秀吉はロリコンで10歳の女子を側室に迎えた

ふむふむ(´∀`人)



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:09:31.08 ID:LHYYM00RO
ヨーロッパにトマトが渡った時、マンドラゴラとみなして誰もトマトを食べなかった


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:11:05.63 ID:j+paovOK0 [2/32]
有名なのだと
肉じゃがはビーフシチューの出来そこない。
東郷平八郎の我がままから生まれた。
あと明治期の海軍では兵員食にカエル肉の使用も検討されていた。


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:13:27.81 ID:DJwI5kq40 [6/20]
>>15
トマトや香辛料とかの話は本当面白いよね!!

>>16
西が牛で東が豚だっけ!?


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:12:53.22 ID:JjJ0ORHu0 [2/4]
中国では「両脚羊(2本足の羊)」として人肉を肉屋で売っていた。


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:15:47.78 ID:j+paovOK0 [3/32]
ww2で包囲下のレニングラードでは人肉闇市場があった。
子どもと兵士の肉が人気だった。
共同墓地の遺体のほとんどは損壊していた。
ソースは食人全書



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:22:07.27 ID:DJwI5kq40 [7/20]
>>17
>>19
カニバ乙

トマトの原産は南米のアンデス高原で
16世紀までヨーロッパに無かった!
その頃のヨーロッパの食文化、、、実に興味深い!



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:19:34.17 ID:eWya3jyp0
カーチャンが作る飯は世界一うまい


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:24:03.69 ID:DJwI5kq40 [8/20]
>>20
もっとワールドワイドに


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:24:14.23 ID:kp5rF55LO [1/2]
すき焼きが有名になったのは明治に入って食肉文化が広まってから


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:28:57.08 ID:DJwI5kq40 [9/20]
>>23
すき焼き

すき焼きの歴史がまだ200年も経てないのか


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:32:00.56 ID:j+paovOK0 [5/32]
>>27
すき焼きは元々は足軽とかが合戦の合間に農家から鋤をパクって
その上で死んだ牛馬を味噌に絡めて焼いたのが発祥と聞いたが。
そうすると400年から500年はたってるぞ。



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:25:39.28 ID:j+paovOK0 [4/32]
米軍のKレーションのビタミンレモン粉末ドリンクはあまりにも
マズイので食用ではなくメスキット磨き粉に使われたとさ。


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:27:12.24 ID:C31v6guO0
フランス料理の原型はイタリア料理
イタリアから嫁いで来た王妃が広めた


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:34:08.04 ID:DJwI5kq40
>>24
Ration Type K

>>25
フランス料理



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:28:08.86 ID:lXIMxAN70
ドイツ人は芋を潰しながら食べるからナチスのスパイはよく拿捕された


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:31:54.60 ID:kp5rF55LO [2/2]
納豆は弥生時代には既にあったらしい

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:40:44.53 ID:DJwI5kq40 [11/20]
>>30
納豆


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:38:30.85 ID:ragRI0B20 [1/6]
缶詰の発明は、1810年
缶切の発明は、1858年



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:41:11.97 ID:j+paovOK0 [6/32]
>>34
だから銃剣とか鑿で代用してたみたい。
でも一個開ける労力が・・・・。



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:44:05.57 ID:DJwI5kq40
>>34
缶詰

缶切り

缶詰はナポレオンが出てくるから面白いね♪



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:42:35.26 ID:JjJ0ORHu0
十字軍が遠征先でもワインが飲めるように、と
遠征先で薄めて飲むようにワインを濃縮させて樽に詰めて輸送した。
>ブランデーの誕生


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:48:16.13 ID:jqthpKT40 [1/3]
戦国時代にキリスト教や南蛮文化と一緒に
魚や野菜を揚げ物にする料理が伝来した。

ある時、徳川家康は鯛のtempero(テンポーラ)を食べた。
するとお腹が痛くなって家康は死んでしまい、
江戸幕府はてんぷら禁止令を発令した。



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:53:28.65 ID:DJwI5kq40 [13/20]
>>36
ふむ

>>37
ブランデー(詳細なし)

>>39
天ぷら(逸話)



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:50:09.12 ID:gcxTZCJCO [1/3]
スパゲティは元々庶民が手掴みで食べるという
粉チーズをのせるだけの質素なものだったそうな・・・

しかし当時のイタリアのなんちゃら言う庶民派の王様が目を付け
たいそう気に入り、宮中でもよくお召し上がりになっておった・・・
ところが・・・


妃「あんたー!そんな野蛮なもん
食べんさんなや!!」

王「そんな~大きな声出さんと・・・
ほれ、おいしいぞ~
妃も食うて~みなさい」



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 16:20:00.69 ID:gcxTZCJCO
妃「いらん!そんなエレガンテじゃないもんを
食う人が王なんて許さんけんね!」

王「やれやれ困ったもんじゃ・・・エレガンテの欠片もないのは
妃の方じゃろうに・・・」

妃「聞こえとるよ!!」


困り果てた王様は城内の腕利きコックに
相談したのじゃった

コック「ワシにまかせなされ( ・ω・)」
王「ほんに頼りになるの~」

そして腕利きコックは牧場などで使う
い草をすくう二股フォークをヒントに
よりパスタを絡めやすくした三股のミニフォークを
作ったのじゃった・・・



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 16:31:51.61 ID:gcxTZCJCO
王「おお!これならエレガンテに食せて
鬼妃もうるそうないわい!」

妃「あんたー!!」

こうしてこのなんちゃらいう王様から
スパゲティは貴族連中の間でも話題になり広まると
調理法も一気に発展し国民に愛される料理として
定着したのであった

おわり



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:51:18.14 ID:j+paovOK0
日本軍はおにぎりを竹皮と藁に包んで棒状にして
補給部隊が塹壕に手榴弾を放り込むように投げて届けていた。
だから別名おにぎり爆弾

あとドイツ軍の携帯レーションは特別食扱いで付属のチョコ・タバコは
士官等の命令が無い限り前線で兵が勝手に食べるのを禁止されていた。
要はご褒美的な意味もあった。
チョコは今でもパッケージが少し変わっただけで同じ物が製造されている。



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:56:45.60 ID:DJwI5kq40
>>41
おにぎりも戦国時代に生まれたと聞いた
それ以前はお粥のようなものを食べてた?



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:06:20.26 ID:7gcbKVT2O
>>41
ヒトラーは煙草や酒の撲滅に勤めてたけど流石に無理だったんだよな


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:51:29.37 ID:y1WZsl+y0
面白いな


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:54:00.88 ID:ragRI0B20
主に甘味なものが出される「デザート」の語源は、「テーブルを片付ける」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:55:29.17 ID:y7evpD9X0
ロシア軍は長引く戦闘で兵糧の大豆が発芽したために撤退を余儀なくされた

一方日本軍はもやしが手に入って喜んだ



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:00:01.04 ID:DJwI5kq40 [15/20]
>>45
デザートの語源

賢くなった(´∀`*)


>>47
日露戦争ですね!



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:56:57.40 ID:8tNbkLSBP [2/2] ?2BP(50)
デザートイーグルは砂漠のワシっていう意味


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 15:58:42.09 ID:y7evpD9X0 [2/6]
イタリア人は戦場で美味しい物を食べたくてフリーズドライを開発した


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:03:07.48 ID:DJwI5kq40
>>49
マグナムじゃねーかよ!!

>>50
フリーズドライ

ふむふむ(´∀`人)



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:00:30.21 ID:j+paovOK0 [8/32]
韓国の戦車にはキムチ冷蔵庫がついている。
キムチは上記のように秀吉の進出以降赤くなった。

元々キムチはただの塩漬け野菜だったが秀吉進出と同時期に
塩不足が発生した。
それで唐辛子を少量の塩と合わせて漬けた。
また李朝前期の絵画には白いキムチが描かれていた。
あと熊本銘菓の朝鮮飴は加藤清正軍のレーション。



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:02:17.34 ID:y7evpD9X0 [3/6]
豚にウンコ食わせてるのを見てイスラムは豚を食べなくなったとか


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:09:03.95 ID:DJwI5kq40 [17/20]
>>52
キムチ戦車は出てこなんだ

>>53
イスラム教徒にとって
豚=うんこ
なのは分かった



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:04:17.10 ID:jqthpKT40
平安時代に中国大陸から日本へ柿が伝わった。
その頃の柿はすべて渋柿で、
とても人間が食べれるようなものではなかった。

しかし日本人は渋柿をなんとか品種改良して、
ついに甘くて大きなおいしい柿を収穫できるようになった。

いつしか日本の柿はアメリカやヨーロッパに輸出され世界に広まって行ったため、
現在海外でも柿のことをKAKIという国がある。


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:05:18.47 ID:ragRI0B20
シャリアピンステーキは、歯痛に悩むシャリアピンのために日本で考え出された料理


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:05:25.61 ID:y7evpD9X0
鰹節はもともと発酵食品ではなかった
輸送中にカビ生えたの食ってみたらうまかったから発酵させてる



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:13:48.92 ID:DJwI5kq40 [18/20]
>>56
カキノキ(柿の木)

柿渋

>>57
シャリアピン・ステーキ


>>58
鰹節


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:08:14.86 ID:j+paovOK0 [9/32]
フルシチョフがペプシコーラを個人的に気に入ったので
ソ連ではペプシだけが販売を認められてコーラ市場を独占した。

アメリカ軍ではしばしばコーラとチョコの採用で
企業紛争が発生する。



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:11:57.96 ID:8JreJwEI0
平安時代なんかは芋粥とかが高級料理だった

偉い人から少しずつ順番に食べていくなんて行事もあって
俺は貧乏だから少ししか食えねえええええええっていう愚痴を書いた日記が残っている



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:15:26.33 ID:j+paovOK0 [10/32]
>>63
平安時代は庶民の方が飢饉の時以外は栄養ある物食べてたらしい。

庶民は市場で新鮮な物を買って食べてたが貴族は様式に
こだわり過ぎて干物とか白米しか食べてなかった。
粗食でも玄米と生野菜と鮮魚の庶民勝利!



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:17:14.79 ID:ragRI0B20
>>67
森鴎外(森林太郎)に代表される日本軍も同じことやってるよなw



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:17:51.16 ID:8JreJwEI0
>>67
まあ江戸時代くらいまでは実は農民の権力が凄い強かったらしいしな



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:47:51.91 ID:QExSFmu3O [3/16]
>>71
農民というか荘園領主と配下の庶民、いわゆる豪族勢力だろう。

豪族といって武士である者もいるからアンチテーゼってわけじゃないが。
まあ作物が取れない地域や離島など納税が一方的になって
苦しんだ地域も無いわけではない。

一応気候や人口:耕地面積など試算はされているが
立場の弱さからか台風被害など実測値との埋め合わせがされなかったようだ。



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:19:15.94 ID:DJwI5kq40
>>61
ペプシコーラ

>>63
芋粥


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:13:06.36 ID:FFOZ2D7J0 [1/2]
無能な一般市民が綺麗な食べ物を求めるために農薬や肥料の研究が進んだ。
こうして健康<見た目を選んだ


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:16:07.89 ID:ic1tjgRE0
スパゲッティナポリタンは日本食

初めてパスタが日本に入ってきたとき、
ある料理研究家がパスタの食べ方が解らず、
困ってケチャップかけて、
TVか雑誌に流しちゃったのが始まり



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:19:50.39 ID:JjJ0ORHu0
ふぐを食うことは毒の危険性から禁止されていたが
伊藤博文が、あまりのおいしさに解禁した


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:27:23.30 ID:DJwI5kq40
平安時代の庶民に習って地産地消で旬のものを食べるのが良薬なのかもね!

>>68
ナポリタン

奥が深いね!


>>73
ふぐ料理



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:24:14.18 ID:j+paovOK0
明治時代にはすでにアイスクリームメーカーが市民の間で販売されていた。

あとミルクチョクレートは初期に牛の血と砂糖と牛乳で作ってるという
デマがはやって売れ行きが良くなっかた。牛の血って・・・・。



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:26:21.43 ID:8JreJwEI0
んじゃあ軍隊に関係ない話で、中国から日本に入ってきた寿司は乳酸発酵されたなれ寿司で
乳酸発酵が面倒になった結果、その味が似てくるように酢飯を使うようになったってのは歴史だろうか



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:27:52.12 ID:j+paovOK0
古代のビールはホップが無かったので甘かった。


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:28:27.93 ID:y7evpD9X0
パンが無ければケーキを食べればいいじゃない

当時のケーキというのは小麦で焼いた白パンのこと
農民は小麦を領主のところに納めていたが、領主は飢饉の時にその小麦で農民を賄わなければならなかった
だからマリー・アントワネットは領主に食わせてもらえと極当たり前のことをいっただけ



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:30:04.18 ID:8JreJwEI0
>>81
偉そうなもの言いには違いないと思うけどなwww


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:31:20.73 ID:OG3jAxQzO
敵の基地を襲撃したら、なぜか羊羮らしきものがあったので食べた。美味しかった

翌日、食べた奴みんな腹壊した

ダイナマイトだったらしい



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:37:44.67 ID:EYUzSvC40
>>83
ダイナマイトに含まれるニトログリセリンで腹は壊さないと思うが
腹を壊すよりも血管拡張で頭痛やめまいのほうに悩まされそうだ


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:31:25.68 ID:j+paovOK0
ローマ人の金持ち美食家はたくさん美味しい物を食べたいので
食っては吐いて食っては吐いてを繰り返していた。

それのおかげで吐瀉物清掃人という専門職まであった。



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:36:02.08 ID:4iuhHfWa0
カップラーメンの歴史
見やすくて面白い


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:37:51.22 ID:j+paovOK0
ポテトチップはフレンチフライを食べやすいようにした物


91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:41:00.63 ID:8JreJwEI0
>>90
あの薄さになるまでどれほどの悪戦苦闘があったことやら



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 16:50:41.22 ID:kt8zfBH40
>>90
フライドポテトの失敗作じゃなかったの?



122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 17:10:19.27 ID:kntykVTH0
>>91
レストランに嫌な客が来て「おい、このポテトもっと薄く切れねえのかよ下手糞」って言ったら

職人肌のシェフがぶち切れて、ポテトを本気で薄く切って揚げてフォークで刺せないようにしたのが原型

ポテトがパリパリになる→フォークで刺せない→お前みたいな客は手掴みで食ってろ・・・と言うのがシェフの目論見だったとか



100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 16:50:13.82 ID:wuxXEwnt0 [1/3]
イギリスでは魚は肉を買うことができない
労働者のものと思われてたから魚の料理があまり発達してないらしい。
今はわからん



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 17:04:22.54 ID:j+paovOK0

大正モダン 文明開化 コロッケ
洋食 牛鍋 白米偏食 カレーライス


140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 17:26:30.72 ID:wIf44+LD0
缶ジュース発売当初、缶をどうやって開けるか悩みの種だった。
そして1960年代にプルタブが考え出された。簡単に指で開けれるようになった。
しかし、缶から切り取られたプルタブが、道に捨てられて危険だと世間の非難を浴びた。
この問題を解決するために考え出されたのは「プルタブが缶から外れない」、ステイオンタブだった。
このステイオンタブはパチッ!と指で開けても外れない工夫が施されている。その分ゴミも出ないし、大変便利になった。
今や、この「缶」は常識になった。


缶でもう一つ。

最近の缶ジュースの缶は、「フタ」の部分と「底」の部分、つまり、缶の両端が細く狭まっている。
実はこれ、コストダウンと材料の節約の為に細くなっている。
こうする事で、アルミ缶の場合、アルミの量を約20%減らすことが出来た。
大量生産の時にはかなりの資源の節約にもなった。



141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 17:27:45.90 ID:PUgiYJ0j0
納豆に使われてる豆は大豆



これ豆知識な



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 17:29:31.13 ID:TckqXz9dO
>>141つ座布団


142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 17:28:18.55 ID:8JreJwEI0
枝豆も大豆


143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 17:28:42.59 ID:UUn8G0Px0 [1/2]
しゃぶしゃぶは
ご飯に多めの卵液をかけて
しゃぶしゃぶ食うことだと思っていた



156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 17:36:40.06 ID:ujWJBeRt0
ハンバーガーの起源は韓国じゃなくてロシア

13世紀、タタール人が中央アジアからロシアへ大移動したときに
料理をする暇が無いので家畜の羊を屠殺して肉を細切れにし、山のように盛り上げて食っていた

この調理法(?)がロシアに伝わり、ロシアと貿易をしていたドイツに伝わり
ドイツ人が羊の肉を牛肉に変え、野菜を混ぜこんでスパイスを加えて…
と手を加えていって独自に改良した「タルタルステーキ」が誕生。

このタルタルの語源はタタール。
後に、このタルタルステーキを焼いてみた人がその外側のカリカリ感と内側のジューシーさに感動
タルタルステーキを焼くという調理法が広まり、その後ドイツのハンブルク(ここでハンバーグという名称が生まれる)からアメリカに移民した人たちによってバンズ(パン)で焼いたタルタルステーキをはさんで食う方法がアメリカで広まり、ハンバーガーとなった



163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 17:40:45.61 ID:QExSFmu3O
>>156
俺はトルコやイギリスで食べられている
ケバブ(丸焼きの削ぎ落とし肉をパンで挟む)がルーツ説を推すがどうかな。



170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 17:44:51.74 ID:ujWJBeRt0 [6/9]
>>163
ぶっちゃけハンバーグ自体
ハンブルク港で、船乗りが毎日出てくる靴底みたいな干し肉にブチ切れて
細切れにして水で戻し、野菜クズを混ぜ込んで焼いたのが起源
っていうのもあるくらいだからけっこう適当なんだし、お前の説もあってるかもしれない

ただ、ハンブルクがハンバーグの語源ってのは鉄板だし
ハンバーグ→ハンバーガーてのも違和感無いから
とりあえずドイツ経由の部分は確実だと思う



185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 17:54:40.88 ID:QExSFmu3O [11/16]
>>170
俺はイギリスでハンバーガー屋よりケバブのファストフード店が
多いって話から単純に思っただけだwww

ロシアだとスラブ人のカーシャとアメリカのカーシャも
似て非なるものだな。



162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 17:40:04.09 ID:jqthpKT40
赤味噌白味噌の分布は平安時代辺りで
米を多く使えた都とかが白、それ以外が赤と言うのが多いらしい


182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 17:53:51.97 ID:dUtkaKLh0
ビリー・ジョエルの「We Didn't Start the Fire」に唯一取り上げられた飲食物関連の出来事は
ペプシとコカ・コーラのRock'n Roller Cola Wars



184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 17:54:34.49 ID:DiLj2jqi0
内臓系は「放るモン」から転じて「ホルモン」になったんだっけ?


192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 18:00:24.70 ID:ragRI0B20 [5/6]
チョコレートの原料・カカオ豆は、アステカ帝国では通貨としても使われていた


193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 18:01:21.57 ID:8JreJwEI0 [25/26]
>>192
まさにチョコレートコイン


195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 18:02:18.42 ID:j+paovOK0 [29/32]
>>192
マジか!
あとチョコは原材料段階では発酵食品。


205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/14(火) 18:26:56.84 ID:ragRI0B20 [6/6]
きんぺらごぼうの「きんぴら」は、浄瑠璃の主人公で金太郎(坂田金時)の息子という設定の「坂田金平」
金平糖の「金平」は、ただの当て字





いのちの食べかた (よりみちパン!セ)
いのちの食べかた (よりみちパン!セ)森 達也

理論社 2004-11-19
売り上げランキング : 7049

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
世界を信じるためのメソッド―ぼくらの時代のメディア・リテラシー (よりみちパン!セ) バカなおとなにならない脳 (よりみちパン!セ) 死ぬのは、こわい? (よりみちパン!セ) さびしさの授業 (よりみちパン!セ) だれか、ふつうを教えてくれ! (よりみちパン!セ)


スポンサーサイト
未分類 | 【2010-12-15(Wed) 21:47:31】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。